ストレスフリーな毎日へ

ストレスチェックの義務化

平成27年12月1日より、50人以上の従業員がいる事業所ではストレスチェック検査が義務付けられるようになりました。また、病院や診療所においては従業員の人数に限らず実施することが望ましいとされ、医師や産業看護師によって仕事に関する心労の検査が行われています。

『ストレスチェック検査』という仰々しい響きに、どこか複雑で大変なテストのようなイメージを持ってしまう人もいます。しかし、そうした検査自体が心労を与えてはならないという観点から、国が推奨する「職業性ストレス簡易調査表」ではA~D群に分類された質問から、心労の状況を4段階で自己回等するという簡単な形式で実施できるよう取り図られています。

具体的には、A群は仕事量の多さについて問う内容で、それに対して一番自分の意見に近い回答を選びます。B群はチェックを受ける労働者の心身の状態について問う内容、C群は周辺のサポート状況について問う内容、D群は仕事に対する満足度について問う内容になっています。この4群の回答結果を分析して心労の高低を計り、「高いレベルで心労を抱えている」と判定された労働者に対しては医師による面談が推奨されます。その面談方法も様々ありますが、面談マニュアル自体は厚生労働省から公開されているため、基本方針自体は大差ないのが現状です。

ストレスに慣れてしまうと、なにが苦しいのかという感情すらもわからなくなってしまいます。感覚が麻痺してしまわないためにも、心身に異変を感じたらすぐに自分と向き合うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です