ストレスフリーな毎日へ

悩みが尽きない医療の現場

医療や看護系の仕事は夜勤や残業が多く、身体的にもかなりハードワークです。さらに精神的にも多くの負担がかかります。亡くなってしまう患者さんにも動揺せず、冷静な対応が求められることもあり、新人の看護師の方ではメンタルバランスを崩してしまう方も多くいます。

さらに病院は閉鎖的な空間でもあるため、同僚同士や患者さんとの間で人間関係に悩んでしまうケースも考えられます。こういった背景もあり、医療の仕事によるストレス負担はおのずと大きくなってきています。忙しい日々を送っているとどうしても自分を疎かにしてしまいます。大変な中でもできるだけ自分の限界を把握し、ストレスで精神を壊さないように予防しなければなりません。

そこで効果的なのが、簡単に自分でできるストレスチェックです。ネットで調べてみれば、セルフチェックシートは数多く出てきます。一番取り掛かりやすそうなものを選び、自分がどれくらいストレスをかかえているのかを明らかにしましょう。紙に一度書き出すことでストレスを客観的に知ることができます。もしこのチェックで危険信号になった場合は、休暇をとったり、残業を減らすなどして対処が必要になります。これを無視してハードワークを続けると、うつ病や不眠症などの症状が出る場合もあります。そんな時は早急に心療内科を受診して、早期発見早期治療しなければなりません。

症状が悪化すると働くことすらできなくなってしまうケースもあるので十分注意が必要です。自分の健康管理を会社や所属している病院はサポートしてくれません。自分の健康状態は自分自身が一番わかることなので、無理をせず長く働くためにもしっかりと管理することが大切です。
医療従事者のストレスについて言及したサイトがありましたので、ぜひチェックしてみてください⇒(http://stresscheckno-susume.com/health-care-workers/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です